1. ホーム
  2. 伊豆エリア

伊豆エリア

海に山に温暖な気候の中年間を通じて楽しめるリゾート地「伊豆」

海に山に温暖な気候の中年間を通じて楽しめるリゾート地「伊豆」

伊豆エリアは、熱海から下田までの東伊豆側のエリアをいいます。
大きくは、熱海を中心とする北部・伊豆高原を中心とする中部・白浜や下田を中心とする南部に分かれます。
古くから、温泉地としても有名なエリアで、首都圏からも近いので、通年多くの方がこのエリアを訪れています。
エリアによっては、温泉の効能も違いますので、北部と中部は、首都圏と気候条件が近いため別荘に限らず永住される方が最近は増えてきているエリアです。

伊豆エリアの物件一覧へ

建築について

建築について【写真】

伊豆エリアは、気候のよさから、通年で利用できる別荘エリアです。エリアによっては、首都圏からアクセスしやすので、週末利用のセカンドハウスも可能です。
また、眺望がいい急傾斜地などは、眺めを生かした間取り作りができますが、反面基礎工事に時間とコストがかかってしまう場合があります。最近では、温泉を別荘のお風呂に取り入れる方が増えてきました。
伊豆石を利用して作ったりと、お風呂を楽しみの一つにされるのもいいと思います。温泉を引き込む際には、配管・給湯機の管理も必要になりますので、別荘使い方や行かれる頻度などを建築会社のほうとご相談いただきながら決定されると快適な別荘ライフが過ごせると思います。

建築について【画像】

土地選びについて

お土地を探されるときには、ぜひ建築の時のこともお考え頂ながら決められると、いいでしょう。伊豆エリアには、唐松や赤松をはじめ、敷地内に樹木が多い場合が多く、工事の際には、伐採・伐根費用がかかってまいります。
また、海が見える眺望いい土地などは、傾斜地の傾向が強く基礎形状を検討しなければならない場合がございます。
さらに分譲地が多い伊豆エリアは、その場所ごとの規約や、国立公園に指定されているエリアは国立公園法に基づいた規制などもございます。
自然の中を満喫するのもでの別荘ライフの良さですので、もろもろのことには変えがたい場合もございますので、最終決断の前に建築会社や不動産会社にご相談されて見てはいかがでしょうか。
また、希望の別荘のイメージを建築会社に伝えて、提携不動産会社に土地を探してもらうというのも一つの方法です。伊豆エリアは、高原エリアと沿岸エリアなどありますし、またお風呂に温泉を入れたりと別荘ライフを考えた場合、そこでの過ごし方や使い方が大事になってまいります。
予め建築会社にご相談されると、エリアごとの状況や過去の事例などから総合的に判断して、お勧めの場所を提案していただけます。

夏休みよりご利用希望のスケジュール

お正月よりご利用希望のスケジュール

建築事例

I邸

伊豆

別荘建築事例|プレミアムリゾート|I邸

長く飽きのこない別荘。

詳細を見る

I邸

伊豆

別荘建築事例|伊豆I邸

ロケーションを取り込んだデザインの別荘。

詳細を見る

ページTOPへ