1. ホーム
  2. 那須エリア

那須エリア

裾野に広がる広大な高原で時間の流れを忘れて過ごすリゾート地「那須」

裾野に広がる広大な高原で時間の流れを忘れて過ごすリゾート地「那須」

明治期に元勲たちが開いた牧場・御用邸の建設がリゾート地「那須」のはじまりです。北海道を思わせるの草原が広がっているのも魅力の一つです。
また高速道路のICや新幹線の駅からのアクセスもいいのも特徴です。高原気候の中にあって、夏はとても涼しい環境にあります。
那須エリアは、那須街道付近の丘陵地のほか、黒田原や黒磯エリアなどの平坦地もあり、最近では定住を考えられている人も多く那須に住まいを求められるようになってきております。

伊豆エリアの物件一覧へ

建築について

建築について【写真】

那須は、アクセスのよさから、通年で利用できる別荘エリアです。
高原気候という事もあって、夏は涼しくすごしやすいですが、冬場の高原地域では-10℃ぐらいまで下がるときがあります。
地域によっては「那須颪」の風の通り道になります。そのため、積雪対策や室内の暖房計画を十分行うとよいでしょう。
最近では、薪ストーブや暖炉を暖房として取り入れる方が増えてきましたが、薪割りや薪の確保も必要になりますので、暖房計画を行う際は、別荘使い方や行かれる頻度などを建築会社のほうとご相談いただきながら決定されると快適な別荘ライフが過ごせると思います。
しかしあまり冬を意識しすぎますと、北欧の住まいのように窓が小さくなってしまったりして、せっかくの景色が見られなかったり、アウトリビングでバーべキューなどが気軽に楽しめなくなってしまいます。
そうならないためにも、断熱性や気密性を高めておくとは、とても大事なことになります。
また、那須は分譲地によっては夏場の工事休止期間があります。
また冬場で基礎を工事できない期間もあります。別荘の利用時期や工事可能時期を考えると、工事を始めるタイミングが大事になります。在来工法などは、ハウスメーカなどの建物と違い工事期間が多く必要になりますので、ご注意ください。

建築について【画像】

土地選びについて

那須エリアは、那須連山の麓に広がる高原エリアをいいますが、別荘地エリアとしては標高が500m~1300mと標高差があり、建設地によっては暖房・凍結など冬場の対策が必要な地域になってきます。
那須街道沿いやその周辺には、大規模の分譲地が多くありますが、ミニ開発も盛んに行われています。初めて那須で別荘をお考えになる方は、一度全部のエリアをゆっくりご覧になられてから建築エリアを決められることをお勧めいたします。
また、お土地を探されるときには、ぜひ建築の時のこともお考え頂ながら決められると、いいでしょう。
唐松をはじめ、敷地内に樹木が多い場合には、伐採・伐根費用がかかってまいります。また、眺望がいい傾斜地などは基礎形状を検討しなければならな場合がございます。
自然の中を満喫するのもでの別荘ライフの良さですので、もろもろのことには変えがたい場合もございますので、最終決断の前に建築会社や不動産会社にご相談されて見てはいかがでしょうか。
また、希望の別荘のイメージを建築会社に伝えて、提携不動産会社に土地を探してもらうというのも一つの方法です。
別荘ライフを考えた場合、そこでの過ごし方や使い方が大事になって参りますので、予め建築会社にご相談されると、エリアごとの状況や過去の事例などから総合的に判断して、お勧めの場所を提案していただけます。

夏休みよりご利用希望のスケジュール

お正月よりご利用希望のスケジュール

建築事例

K邸

那須

別荘建築事例|プレミアムリゾート|K邸

バリアフリーで永住も視野に入れた別荘。

詳細を見る

ページTOPへ