建築事例のご紹介GALLERY | 事例ギャラリー
趣のあるフィールビィラ

Data
・木造在来軸組工法
・戸建住宅(2階建)

Information
豊かな自然の四季を感じ、ゆるやかな時間を感じる、そんなこだわりを持ってつくられたビィラ。その立地条件が持つ、数々の特性をいかした建物となっている。
日差しと風を肌に感じるテラス。高い天井のリビング・ダイニングには、質感あるフローリングにトラディショナルなタイルと暖炉を配置しており、繊細なディテールの積み重ねが調和のとれた空間をつくりあげている。
豊かな時間を過ごすクライアントの家族をイメージさせる趣あるビィラとなっている。

資料請求はこちら

光の環

Data
・木質パネル接着工法
・戸建住宅(2階建)

Information
自然豊かな環境を最大限に取りこみ、家族と大切な愛犬、愛猫とともに暮らすことをテーマに設計されたビィラ。
アプローチは緑豊かに、玄関はパティオをのぞみながらゲストを迎えることができる開放的な空間に。リビング・ダイニングは天井も高く、お気に入りの家具の配置とあいまって、バランスのとれた空間づくりに成功している。
中庭には四季を感じる樹種を配置しており、手入れの生き届いた芝生が建物の完成度を高めている。

資料請求はこちら

Sweet Home

Data
・木質パネル接着工法
・戸建住宅(2階建)

Information
テーマは「自分たちらしく、のびやかに暮らせる住まい」。プライバシーを守りながら、採光と通風を取り入れる工夫を行った。ポイントは玄関土間とパティオ、そしてゆるやかにつながる動線。
1階は、キッチンを中心に家族がつながる動線を意識しており、2階は各々のプライベート空間を配置した。家族のぬくもりと自然のうるおいに満ちた優美な邸宅は、そのままクライアントのらしさを表現した建物となっている。

資料請求はこちら

シンプルエレガント

Data
・木造在来軸組工法
・戸建住宅(2階建)

Information
非常に忙しい毎日を送るクライアントのために、喧騒を離れ自然豊かな別荘でのくつろぎを実現できるよう、クライアントと設計者が一緒に取り組んだビィラ。
繊細なディテールの積み重ねと、巾木、ケージングの寸法もより細かく計算し、モダンでありながらクラシカルで優美な空間をつくりあげることに成功した。薪ストーブとウッドテラスが非日常空間を、より深く印象づけている。

資料請求はこちら

内に開き緑と暮らす家

Data
・鉄筋コンクリート造(RC)+鉄骨造(S)
・戸建住宅

Information
コンセプトは「緑と愉しく暮らす家」。ガラス面を大胆に大きく設計し、光の中、緑に囲まれている感覚を味わえるよう計画した。
車2台分のガレージに隣接した“ガラス”の書斎は、ライトアップされた坪庭の竹や愛車をゆったりと眺められる、落ち着きのあるスペースだ。2階リビングも“3面ガラス張り”でひときわ明るくオープンな空間。都市における理想を追求した住まいだ。

資料請求はこちら

土間と路地のある家

Data
・鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
大きな箱が宙に浮いているようなファサード、土間や路地という“歩き回る”場を家の中に設ける設計は、クライアントに大変気に入っていただけた。土間空間のコンクリート壁に細かい刻み目をつけた仕上げ、天井や床との境目に施した枠状の細工など、ディティールまでこだわった「シンプル・イズ・ベスト」のデザインが品格のある空間を実現している。

資料請求はこちら

丘陵のV字型の家

Data
・鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
三角形に近い土地から生まれたのは、敷地いっぱいに鳥が羽を広げたようなV字型の建物プラン。道路からの視線をシャットアウトするため、外側をぐるりと外壁で囲んでいる。まるで2枚の外壁の間から中へ入るようなイメージで、玄関から奥に向かって大きな開口部を設けている。プライバシーを守りながらも、オープンで明るい雰囲気を大切に設計した住まいである。

資料請求はこちら

デザインレスの家

Data
・木質パネル工法
・戸建住宅

Information
機能性や快適性を追求したうえで生まれてくる、飾りのない美。それが“デザインレス”である。象徴的なのが白亜のファサード。最小限の開口部とし、余計な凹凸ができないよう細部の納まりまで配慮した。天井高に合わせてブラインドや引き戸をつくるなど、すべてのディティールのラインをそろえている。収納や家具もオリジナルにデザインするなど、細部までこだわることでシンプルなデザインとなる。

資料請求はこちら

FLAT HOUSE

Data
・木質パネル工法
・戸建住宅

Information
玄関から入り、タタミルーム、リビング、キッチン、ダイニング、プライベートルーム、バスルームと回廊のように連続しており、一部スライドドアは設定しているが、遮るものは何もない。タタミルームの床を除いて、インテリアは同じ素材でシンプルに仕上げているため、広びろとしたワンルーム感覚で暮らすことができる。外観も空間もミニマムにまとめた贅沢なシンプル住宅=フラットハウスである。

資料請求はこちら

オリエンタルなアーバンヴィラ

Data
・木質パネル工法+鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
「アマンリゾートの極上のリラクゼーションを自宅でも味わえないだろうか」というご要望であった。その思いを実現したのが、3階バスルームである。プライバシーを確保するウッドルーバーと、十分に透過する光と空から降り注ぐ光が浴室を満たす。床の微妙なレベル差、大判のタイル、木目をいかしたリネン収納など、ディティールのデザインを水平方向に強調することで、広がりと奥行感が生まれている。

資料請求はこちら

大切なお客様をおもてなしするセカンドハウス

Data
・RC造
・戸建住宅

Information
Sさま邸は、大切なお客様をおもてなしするセカンドハウスとして設計。
お客様を気持ちよくお迎えするために、京都の土壁を意識させる塗り壁、桜御影石、ステンレス、ガラスを組み合わせた、上質な和風モダンのエントランスをデザインした。
建物に入ると、目の前に伸びるのはギャラリーホール。美術館のように、壁に飾られた名画をゆっくり鑑賞しながら歩を進めると、メインスペースのリビングへたどり着く。
リビングは、前面ガラス張りとした、開放感にあふれる高さ5mもの空間。 京町家の奥座敷のような発送を大胆に広げた、ゲストをおもてなしするハレ舞台である。
V字型の開口部は、自然に視線が外へ向く意匠。四季折々の風景を思う存分堪能する事ができる。とくに春は、“桜の間”ともいうべき風情。リビングをはじめ、ゲストルームや花見台など、5つのスペースで花見を楽しむことができる住まいとした。

資料請求はこちら

ヒーリングホーム

Data
・木質パネル工法+鉄筋コンクリート造(RC)+鉄骨造(S)
・戸建住宅

Information
周囲を高さ約5mの壁で囲い、外部からプライバシーを守ることがら始まった。建て替えのためにご提案したのは、四角いプラン。その中にいくつものパティオを設けて、各部屋への“抜け”を設計した。内側に開放して、採光・通風を確保する一方、外部から守られた家のため、カーテンなしで住むことも可能だ。珪藻土の外観のイメージ通り、心から癒せる住まいである。

資料請求はこちら

ランドスケープから考えたリゾートスタイルの別荘

Data
・鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
敷地を約6mの壁で囲い、リビングより広いパティオを中心とした。
パティオから採光と通風を確保する設計である。パティオと1階フロアは、段差のないフラットなデザイン。
リビングは2階部分も開口とした吹き抜けを設けているため、ひときわ明るい空間だ。
ファサードとインテリアは、シンプルなデザインでコーディネイト。 空気まで清潔に感じられる、上質な住まいだ。

資料請求はこちら

都市の二世帯住宅

Data
・鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
2階建プラス地下室の3層構造としたい、というご要望であった。地下が子世帯、2階が親世帯のメイン居住スペースとなる。快適な地下空間をつくるため、ドライエリアのある南側に広い開口を確保し、地下LDKの開口を天井高までのハイサッシとした。キッチンは、奥さまが作業をしながらお子さまを見守れるように配慮。2階は空を眺められる開放的な設計とした。

資料請求はこちら

都市の数奇

Data
・ 木質パネル工法+鉄筋コンクリート造(RC)
・戸建住宅

Information
近代的なファサードからは想像できない、数奇を凝らした内観。
象徴的なのが、数寄屋造りの客間だ。玄関ホールから日本伝統の土間でつながっており、床の間も本格的にこしらえた。3畳の前室や縁側も設けている。
2階は家族が好きな時間を過ごすフロアとした。外観デザインは街並みに配慮し、室内空間は自分の感性やこだわりで楽しめる住まいとなった。

資料請求はこちら

都市の二世帯住宅

Data
・ 在来工法 + RC造
・戸建住宅

Information
150本以上も枕木を並べたなだらかな坂を上ると、O邸がある。
遠くに碓氷峠を見渡せる。自然豊かな軽井沢の中でも、有数の好立地だ。この風景を楽しむ住まいとするため、二階のパブリックフロアは東面を大開口とした。 バルコニーはもちろん、リビングやダイニング、バスルームからも四季の美しい景色を堪能できる。 室内の快適さと戸外の気持ち良さが融合した、まさに軽井沢の特等席である。
「海外の滞在型リゾートの雰囲気を取り入れたい」というOさまのご要望をお聞きしながら、単なる西洋風ではなく、自然素材を用いて軽井沢の風景や歴史に合うモダンなデザインとしている。
プラン作成前に、1年以上もミーティングを重ねてデザインしただけに、「フランク・ロイド・ライトが好きで建築家になりたかった」というOさまにとてもご満足いただいております。

資料請求はこちら

page top